往生要集詮要 往生要集釈 法然上人著作全集 教義篇11 - 源空

往生要集釈 法然上人著作全集 往生要集詮要

Add: hyzaxyv34 - Date: 2020-11-28 17:19:27 - Views: 1895 - Clicks: 4884

細川 行信「源空門下の分流 -その系譜資料について-」. 既虧觀境觀亦無從。 11 篇聚:《佛光大辭典》:指戒律。比丘、比丘尼所學之戒律,因有五篇、六聚、七聚之分,故稱篇聚。 具足戒類別為篇門與聚門,篇門係依結成之罪果及急要之義而區別為五篇;聚門則類聚其罪性及因罪而 為六聚、七聚、八聚。. 1234フクウ?? 6789フクウ?? ギジョウ 11フクウ?? ドウセン ドウセイゲンキ チショウ セイマイ エンジュ エコウ シャクゲンソウ サンネイ ホッケン シャクホウショウ シャクフクレイ ゲンギ シャクホウリン シャクホウリン チンシリョウ チョウショウエイ. 聖光房弁長は『徹選択集』上(浄全七・九五頁)(*)に、法然からその回心の模様を次のように聞いたと記している。 この聖光の所伝と、さきにあげた醍醐本『法然上人伝記』(*)等の記録とを照応すると、法然は『往生要集』を先達として『観経疏』に行きつかれたわけだが、そのときすでに問題は「三学の器(うつわ)にあらざる我等ごとき無智の身」に相応した、決定往生の道を見きわめるという一点にしぼられていたことがわかる。いいかえれば仏道の非器としての自覚が、既成仏教は勿論『要集』的世界にさえ止まらしめなかったのである。 それにしても円頓戒の正統をついだ戒師として、その持戒堅固な清僧ぶりが、多くの人に評価されていた法然が「戒行においては一戒をもたもたず」といい、「智慧第一の法然房」とたたえられていながら「愚痴の法然房」と自称されたのは何故であろうか。それは現実に破戒されたからではなかっただろう。むしろ厳格な戒律によって自己を律していこうとすればするほど、肉体の底から湧きおこる反戒律的な愛欲と憎悪の煩悩のはげしい衝動を実感されたからであろう。戒律は煩悩を制御するためのわくであるが、煩悩の野性は、常に戒律のわくを破って奔放しようとする強烈な力をもって突出してくる。それは懴悔法によって浄化できるような生やさしい存在ではなくて、まさに煩悩具足の野性そのものであり、無戒の自己であった。だから形式的に戒を持(たも)っていることは、常に破戒の危機にさらされていることであり、厳密な意味では「一戒もたもちえず」といわざるを得なかったのである。また一切経を読破して、各宗の教理や実践法を理解し、多くの仏教についての知識をもっていたとしても、それが「生死解脱の正智」でないかぎり、自身の生死については何事も知らないに等しい。「黒白もわきまえぬ」「一文不知」のしらじらとした一箇の凡愚が息づいているに過ぎない自身に気づいたとき、まさに愚痴の身としかいいえなかったのである。こうして自己の存在の底に、ずっしりと居すわる手のつけようのない無戒、無智の自身にかえるとき、三学の器にあらざる、その意味で行証のかけた末法的存在とは、何よりも自己自身であることを思い知るのである。末法とは自己をとりまく歴史的、環境的な状況であるに止まらず、自己自身の三学無分という存在状況を意味しているとすれば、末法を救う教法は、正確にはかかる自己. ユヒニ:ニヤ レッx:fヤ・花・%ユヒo :&ユヒWハTx:%ユヒO x:KユG・( *ンヤヒp "ンヤ> 2fヤ:HユG・ヒx( ヒG( ・2花! 岩崎 正衞「專雜二修について」 Vol. 六禅林者、即当寺権律師永観也。即依善導、道綽意、作往生拾因、永廃諸行、於念仏一門、開十因、豈 非但念仏行哉、七越洲者、亦同当寺三論碩徳、越洲珍海也。是亦同作決定往生集一巻、立十門明往生 法、其中亦依善導前文、傍雖述諸行、正用念仏往生、爰知於往生之行業、論専雑二修、捨雑行、専修 正行事、天竺、震旦、日域其伝来尚矣。「隠/顕」六禅林者、即ち当寺の権律師永観也。即ち善導、道綽の意に依つて、『往生拾因』を作り、永く諸行を廃し、念仏一門において、十因を開く、あに但だ念仏の行に非ずや、七越洲者、また同く当寺の三論の碩徳、越洲珍海也。是れまた同く『決定往生集』一巻を作り、十門を立て往生法を明す、其の中また善導の前文に依り、傍(かたはら)に諸行を述ぶといへども、正しく念仏往生を用いる、ここに知んぬ往生の行業において、専雑二修を論じ、雑行を捨て、専ぱら正行を修す事、天竺、震旦、日域其の伝来を尚(たっとぶ)矣。 といわれたものによっても窺われる。 永観の『往生拾因』は、念仏の一行が往生の業因である所以を、十箇の理由(因)をあげて証明するものである。その第八因(浄全一五・三八四頁)に「依斯行者、廃余一切諸願諸行、唯願唯行念仏一行、散慢之者千不一生、. 1982年法勇比丘(Bhikkhu Dharmaviro)依玄奘漢譯本作德譯本。 法譯本:1984年吳其昱依玄奘漢譯本作法譯本。 日譯本:1972年松原泰道依梵文本作現代日語譯本 。1977年榊亮三郎依法隆寺修訂梵文本作日文意譯本。 1988年白石真道依修訂梵文廣、略本作日譯本。.

上原 信矣「明惠上人高辯の末法觀」 Vol. 而且,往生兜率淨土,不一定要發菩提心和出離心,只發增上生心的人天善根,也能隨願往生。 彌勒菩薩也常普應眾生的根機,說人天、二乘、菩薩不同的法門,普及一切眾生,讓人人都能獲益。. 參照《法然上人傳全集》,頁268b。 教義篇11 請參照《明月記》嘉祿3年7月6日之記事。 請參照《大日本史料》第五篇之二十三,頁295。 《國文東方佛教叢書》傳記部上(名著出版刊,1995年),頁351。 證空出家後,其師法然為取房號「善慧房」。然,善慧房的「慧」或作. 普賢 晃壽「安樂集と往生要集の立場 -念佛思想を中心として-」 Vol.

· 一般稱為法然上人。主要著作有《選擇本願念佛集》、《無量壽經釋》、《觀無量壽經釋》、《往生要集詮要》、《往生要集料簡》、《類聚 往生要集釈 淨土五祖傳》等。1955年編有《昭和新修法然上人全集》1冊,1975年又出版《寧本法然上人全集》9卷。. dヤヘ楊:)ユヒw( ヘタh ヘヘh 矣"ホヤ・ヘヤッ2ユノヘ詰! 」, 要「世出世法雙豐收」,行者要做的,正是激發和光大這種向上之機,讓真性噴薄向上的力量,茁壯地成長起來,直到擴充至十方無量世界中! 曾幾何時,我迷失在修行的歧路上,丟失了自信,喪失了鬥志,現在,走出黑暗的泥沼,我腳踏實地地再次踏上. 肇論中吳集解三卷宋.淨源集 《義天錄》中已見其名,松本文三郎舊藏中 ( 松本博士認為是宋刊本 ,然仍存有若干疑問 ),有《肇論中吳集解》。 影印「傳是樓藏宋刊本」 之羅振玉氏宸翰樓叢書五種本,及其後於此加以增補八種本亦收之。. 止觀能攝諸定門:說明無量聲聞、菩薩、如來所修的無量勝三摩地,都是止觀所攝。 14.

夫往生極楽之教行濁世末代之目足也。道俗貴賎誰不帰者。但顕密教法其文非一、事理業因其行惟多。利智精進之人未為難、如予頑魯之者豈敢矣。是故依念仏一門、聊集経論要文。披之修之、易覚易行。 「隠/顕」それ往生極楽の教行は、濁世末代の目足なり。 道俗貴賤、たれか帰せざるものあらん。 ただし顕密の教法、その文、一にあらず。 事理の業因、その行これ多し。 利智精進の人は、いまだ難しとなさず。 予がごとき頑魯のもの、あにあへてせんや。 このゆゑに、念仏の一門によりて、いささか経論の要文を集む。 これを披きこれを修するに、覚りやすく行じやすし。 といわれている。すなわち浄土の教法を「濁世末代の目足」として規定し、それに救いを求める自己を顕密の教法によって解脱することのできない頑魯の者、すなわち鈍根無智なる下機として位置づけられている。 浄土教をもって末法を救う教法とみられたのは、中国浄土教家、特に道綽の『安楽集』の影響であったと考えられるが、源信自身は、自己のおかれている現実を末法としてではなく、像法の末とみられていたようである。『横川首楞厳院二十五三昧起請』(恵心全一・三五七頁)に「方今は像法の寿、喉に至る、人の世の事は夢の如し、穢土を捨てて浄土に生ずるは、此の時に非ずして又何の時ぞや」(原漢文)と. 爰於善導和尚往生浄土宗者、雖有経論、无人於習学、雖有疏釈、无倫讃仰。然則无有相承血脈法、非面授口決儀。唯浅探仏意、疎窺聖訓 「隠/顕」ここに善導和尚の往生浄土宗においては、経論ありといへども、習学する人なし、疏釈ありといへども、讃仰するに倫(ともがら)なし。しかればすなわち相承血脈の法あることなし、面授口決の儀に非ず。ただ浅く仏意を探り、疎(まばら)に聖訓を窺ふ。 といわれている通りである。それゆえ決定的な智解は生じ難く、仏祖の遺訓の真意を了解することができず、苦心の求道を余儀なくされたといわれている。それだけにまた最終的には善導に依りながらも、善導教学を超えて、極めて独創的な教学体系をうちたて、深遠な宗教的領域を開示されるに至ったのである。毘沙門堂の明禅が『述懐抄』(『行状絵図』四十一・法然伝全・二六〇頁)のなかに、『選択本願念仏集』. 慈恩宗 成唯識論 (心要述記)(隨疏) 樞要 相宗八要( 高原蕅益 ) 瑜伽師地論 倫記 因明論疏( 窺基 ) 法苑義林章 解深密經 密嚴經 唯識開蒙 三論宗 中論( 吉藏疏 ) 百論( 吉藏疏 ) 十二門論( 宗致義記 ) 肇論 大智度論 三論玄義 三論遊意 寶藏論. 何時のことか不明であるが、叡空が師の良忍の説に随って『要集』を観念中心の書として講ぜられたとき、法然は称名中心説を主張して師弟が鋭く対立したということが、『拾遺古徳伝』三(法然伝全・五九七頁)に伝えられている。「経論章疏をみるに一部を序題にかえして料簡する是故実なり」といって、『要集』は序題の文意にすわってみれば、称名を中心として明かした書と領解すべきだと法然は主張されたというのである。それは法然の「往生要集料簡」(古本『漢語灯』六・古典叢書本・二一頁)に、 1. 新版『親鸞全集 別巻』石田瑞麿訳、春秋社、新装版年; 山折哲雄『悪と往生―親鸞を裏切る「歎異抄」』中央公論新社〈中公新書〉、年。中公文庫、年。isbn. 【11】澄觀《大華嚴經略策》,《中佛資料選編》第二卷第二冊第359頁。 【12】宗密《禪源諸詮集都序》卷四,《中佛資料選編》第二卷第二冊第447頁。 禪偈品旨 往生要集詮要 往生要集釈 法然上人著作全集 教義篇11 - 源空 慧能禪師【1】 菩提本無樹【2】 菩提本無樹【3】, 明鏡亦非臺;. 皈依三寶需要吃素嗎? 皈依三寶並不一定要吃素,皈依只是宣誓自己終生信奉三寶,不改變信仰,與吃素沒有關係。. 止舉捨相差別門:說明修習止觀過程中的三種不同相狀,即止相、舉相、捨相。 12.

要了解「別教」的教義,必須達到某一種內證程度才能通達。 「別教」的經典如《華嚴經》,想要了解《華嚴經》的道理,必須具有大菩薩的利根器。 4. . 香港佛教聯合會南亞災區慰問團 赴斯里蘭卡和印尼協助賑災 為協 助去年底南亞大海嘯災難的災民,香港佛教聯合會除發動籌款賑災和舉辦大型超度法會外,會長覺光長老更以眾生苦即己苦的同體大悲精神,委派兩代表團,代表香 港佛教界遠赴災區慰問災民。 部浮島村番 26 號 ) 。 ( 註:三島市妙法華寺的藏書: 私集最要文注法華 經 10 卷、 諸宗破折所依經論 34 世日有上人註寫文集 天台三大部科註 >30 卷 < 法華經科文 >3 卷 < 科註法華論 >6 卷,可以購買佛書或所 需的文物等。. こうして自身を三学の器にあらずとみきわめたとき、法然は自力の三学による成仏を説く既成の聖道仏教はもちろん、三学成仏の方便法として浄土教を位置づけてきた従来の寓宗的浄土教にも絶望せざるを得なかった。しかし既成の仏教に絶望しても、仏教そのものに絶望されたわけではなかった。それは一つには大乗仏教の根底に「一切衆生、悉有仏性」という、一切皆成の思想が流れているかぎり、そして如来の大悲が無縁平等と説かれているかぎり、どこかに一切衆生を、善悪、賢愚のへだてなく成仏得脱せしめる教行を説き遺されている筈であるという信念があったからである。 そしてもう一つは、末法の時機に相応した教法を追求してきた浄土教の伝統があるかぎり、誰かが道を教示されている筈であるという期待をもって、たゆみなき求道をつづけられたのであった。しかし道綽教学はもちろん、善導教学といえどもすぐには三学無分の機の救いを知らせてはくれなかった。醍醐本『法然上人伝記』(法然伝全・七七四頁)に「善導に於て二反これを見るに往生難と思い、第三反度び、乱想の凡夫、称名の行に依って往生す可きの道理を得」(*)といわれた如くである。 持戒堅固な清僧であり、三昧発得の現証を得たといわれる善導は、その行状を見るかぎり三学の実践者であった。にもかかわらず自身を語られるときは「我等愚痴身」とか「煩悩を具足せる凡夫」といわれていた。それを信心の内容として表明されたのが『散善義』(真聖全一・五三四頁)深心釈下の機法二種深信であった。(*) その第一深信は機の深信とよばれ、第二深信は法の深信とよばれるが、機の深信は、自身は罪悪生死の凡夫であって、出離の縁すらないものであると信ずるのであるから、字義通り受けとれば「三学の器にあらざる」自力無功の機と信知することである。かかる機が阿弥陀仏の本願によって往生せしめられると信知するのが法の深信であるから、その所信は三学の外なる教法でなければならない。『玄義分』(同・四五九頁)の是報非化の釈下に、報法高妙の浄土へ垢障の凡夫が如何にして往生できるのかと問い、答えて、「若し衆生の垢障を論ずれば実に欣趣し難し、正しく仏願に託するに由って以て強縁と作りて、五乗をして斉しく入らしむることを致す」(*)といわれているが、垢障の凡夫から聖者まで、五乗を斉入せしめるような仏願力を説く教法は、自力成仏の法門とは全くちがっ. 末法思想がわが国の思想界にあらわれはじめるのは『末法灯明記』はしばらくおいて、『往生要集』あたりからである。源信の末法思想についてはすでにのべたが、『要集』が撰述されたと同じ永観二年(九八四)にあらわされた『三宝絵詞』序(古典保存会刊・二丁)にも「釈迦牟尼仏隠給いて後一千九百三十三年に成にけり、像法の世に有む事遺年不幾」といって、迫りくる末法の深刻なおびえを記録している。 『往生要集』には、道綽の『安楽集』を十五回も引用されているが、道綽教学の中心課題であった末法思想については全く触れられていなかった。ところがそれから約百年ばかりおくれて、延久二年(一〇七〇)ごろに成立したとみられる『安養集』巻十「経教興廃」(西教寺本・一〇丁以下)の項には、『大経』の「特留此経止住百歳」の文意について十二文をひき、末法思想に論及されている。そこには『安楽集』上巻「教興所由」(真聖全一・三七八頁)の文を引いて『大集経』の五箇五百年説があげられており、さらに下巻の「弁経住滅」(同・四二七頁)の文を引いて、正法五百年、像法千年、末法一万年説が出されている。恐らく入末法の危機感を反影していたと考えられる。この末法思想は、永観、珍海などを通して浄土教信仰と密着していくが、このような流れは『新修往生伝』(続浄全一七・一六一頁)の、醍醐寺の住侶沙門運覚伝にも見られる。すなわち運覚は「如来滅後二千余年なり、正像の時は過ぐ、遺教滅せんと欲す、此の時に当りて、よろしく仏法を弘むべし」といって一切経を書くこと二千巻にのぼったが、康治二年(一一四三)二月、端座して弥陀を称念しつつ入滅したといわれている。すでにのべたように『新修往生伝』は、藤原宗友が仁平元年(一一五一)に編纂したものであって、このころになれば、末法思想が時代思潮として一般化していたことの一つの証左にもなるであろう。 もともと正像末の三時思想は、『大集経』の「法滅尽品」の教説などに見られるように、戒律の乱れによる修行者の堕落と、悪王による弾圧などによって、仏教が衰滅していくことを予見し誡める悲観的な仏教史観であった。 しかし何時からともなく、仏教内部にとどまらず、道理が失われて無道が支配する乱世の有様を歎く社会的な用語として、末法、末代、末世が用いられるようになり、また国家体制の崩壊を予想する政治的な衰滅史観をあらわす用語にまで拡大して. 法然聖人(一一三三-一二一二)の決定的な回心が承安五年、四十三歳のときであったということは、最も古層に属する伝記の『源空私日記』(法然上人伝全集・七七一頁)をはじめ『本朝祖師伝記絵詞』(法然伝全・四七三頁)、『行状絵図』(法然伝全・二四頁)などの伝記類から、良忠の『伝弘決疑鈔』二(浄全七・三二頁)等にいたるまで、殆どが一致して伝えているところである。もっとも覚如の『拾遺古徳伝』(法然伝全・五九八頁)は承安五年、四十二歳としており、『元亨釈書』(法然伝全・九八七頁)の「法然伝」は承安四年四十二歳としているが、これらとても承安五年四十三歳説をくつがえすほどのものではない。また愚勧住信の『私聚百因縁集』(法然伝全・九八五頁)には三十三歳回心説がでていて、これに注目する人もあるが、私はやはり承安五年四十三歳説に従っておく。 もちろん法然の長い念仏聖としての求道的な生涯の間には、宗教経験の深まりによる展望の開けや、教学的、思想的な深化と展開は、回心以前にもあっただろうし、以後もありつづけられたことであろう。ことに「選択」という法然教学の中核になる用語を導入して、選択本願念仏という独自の教学体系が確立するのは、少くとも五十歳を過ぎておられたと考えられるが、それについての考察は今は省略する。 ところで法然の決定的な回心を成立させたのは、直接的な師弟の面授によるものではなかった。『阿弥陀経釈』(古本『漢語灯』三・古典叢書本・二六頁)に、 1. 法然上人撰寫《選擇本願念佛集》,經過 700 年,在日本形成深遠的信仰傳統之後,一旦來到漢傳佛教的淨土宗學者眼前,儘管雙方同樣信佛念佛,同樣持名不輟,同樣發願往生極樂淨土,但是卻在初次遭遇時,就對這部日本淨土信仰的奠基要典的教義詮釋表示.

:ヌヤ= :&ユヒw :vヤ2ヘヤ:ヌヤ= *wヤ"ホヤ:ヌヤ=:ニヤ ヒg( ヒg :%ユヒO( ヒ 2)ユヘワjヘ :花ァ( ・! 189 第一篇 五乘共法的淨土——兜率淨土 196 第二篇 大乘不共法的淨土——極樂、琉璃淨土 208 第三篇 人間佛教的淨土——唯心、華藏、佛光淨土 218 人間佛教的建立. 初级教学考试_经济学_高等教育_教育专区 1544人阅读|34次下载. 086 日本淨土元祖法然上人 日本的淨土信仰最初是在貴族中流傳,此乃起源於飛鳥時代慈覺大師所提倡的「五會念佛」。. . 然若依《永懷集》南亭法師〈我與東初法師〉則南老自云:與東老乃「同門」,即「間接的師兄弟」;蓋其後老人接法於南老之師智光老和尚之故。 4 〈略傳〉;『日記』3則云:「十五年,乃決意赴南京寶華山受戒」。. 常慨嘆禪法未傳,至姚秦弘始三年,羅什大師至長安,即隨受禪法,且恭請大師譯出《禪法要解》,日夜修習,精練不怠。 又稟姚興之命,與僧肇法師等,於逍遙園詳定經論,共同協助羅什大師的譯經。.

知法知義差別門:說明如何知法知義。 13. 法然は、十五歳のとき皇円阿闍梨(-一一六九)を戒師として出家得度し、師について天台三大部の研鑽をおこなったが、十八歳で叡山西塔の別所、黒谷へ隠遁し、慈眼房叡空(-一一七九?)の門にはいられたといわれている。その頃、黒谷別所の指導者だった叡空は、藤原伊通の子で、大原の良忍の弟子といわれ、大乗円頓戒を伝承する戒師として貴族間に信望があり、右大臣源雅定や、権大納言藤原邦綱らに授戒をしていることが、『台記』久寿元年五月の条や、『玉葉』養和元年閏二月の条に見える。尚貴族とのつながりについて、伊藤唯信氏によれば、叡空、法然、信空などのいた頃の黒谷別所は、葉室流藤原氏と特に関係が深く、後に形成される法然教団にも、藤原通憲一族と重層しつつ、この関連がつづいていくといわれている。また叡空は真言にも通達していたといわれるが、中心はやはり良忍系の『往生要集』を指南として浄土の業を修する持戒堅固な念仏聖だった。法然と『往生要集』、及び円頓戒との深い縁は、叡空を通して結ばれたものである。 井上光貞氏によれば、院政期には顕密の大寺院の所領内に別所が発達し、そこに世俗化した本寺を離れて真剣に求道する僧、特に聖上人らが集住するようになり、別所の数も大小あわせて六十四ケ所に及んだという。叡山には神蔵寺、帝釈寺、黒谷、霊山、安楽院の五ケ所に隠遁地があり、その外に善峰別所、大原別所、備中新山などが天台系の別所として有名である。また四天王寺の西門の外にあった四天王寺別所の念仏三昧院、東大寺別所の山城の光明山寺、興福寺別所の山城の小田原などはよく知られた別所である。別所に隠棲した人々は徳行清浄の人としてあがめられ、京や畿内周辺に布教して、法華信仰や念仏を鼓吹したが、各地の願生者や遊行聖たちは、好んで別所を訪れて結縁したから、民間宗教家や庶民との接触も深くなり、それぞれに特異な信仰集団が別所を中心として形成されるようになってきた。大原別所では良忍(一〇七二-一一三二)が来迎院を建てて融通念仏をすすめ、光明山寺には永観(一〇三二-一一一一)が住して浄土教を鼓吹し、小田原別所には教懐(一〇〇一-一〇九三)が出て真言念仏をすすめ、高野山の別所からは覚鑁(一〇九五-一一四三)が出て新義真言宗をおこすと同時に、独自の真言浄土教を樹立していった。こうして別所を中心として、浄土教の独創的な思想と伝統が形成されていくの. 禮謝諸師。 陸、皈依者應注意的事項 皈依三寶以後,我們在生活的實踐上,應該正確的認識以下各點: 1.

虽然净空法师没有自称为第十四祖,但 末学认为净空法师有资格当第净土宗第十四祖。 净空法师学佛的道路不容易,但有幸接触几位大德如李炳南老师,章嘉大师,方东美先生,再加上净空法师致力于向近代净土宗已往生第十三祖印光法师的轨道以及印光法师所留下的文抄学习。. (《昭和新修法然上人傳全集》頁 416 ) 即,諸智者們所說不在觀念的念,也不在做學問後解悟念的精要而念佛。所以只需為往生極樂世界而念南無阿彌陀佛。 對照此二文,法然遣證空學天臺教學,該如合理解才好呢?. 上段・旧暦 中段・ユリウス暦 法然上人著作全集 下段・グレゴリオ暦換算.

〔判例批評〕高裁民事判例集1巻2号借家法第1条の2の正当の事由〔司法資料〕大阪家庭裁判所家事審判部決議集(17) 民商法雑誌25巻6号(昭和27(1952)年9月15日号〔判例批評〕最高裁民集3巻5号旧労組法第11条及び労調法第40条の違反. すでにのべたように「法然聖人御説法事」には、本願の念仏について「しかるに往生の行は、われらがさかしく、いまはじめて、はからふべきことにあらず。みなさだめおけることなり。」(*)といわれている。この領解は、法然の回心の原点をいいあらわしているとみてよかろう。わがために如来はすでに称名行を往生行と定め置かれたということを的確にあらわすのが「選択本願念仏」ということばである。もちろん法然がこの用語を使われるのは相当後のことで、長い思索を通して洗練された教義学的用語にちがいない。しかしこの用語によって法然が到達されている宗教的領域が明示されているとするならば、四十三歳のときの回心の根本構造はやはり「選択本願念仏」という言葉が一ばん的確にいいあてているといわねばならない。それゆえ法然は『選択本願念仏集』の後序(真聖全一・九九三頁)に二十余年前をふりかえって、 といわれたのである。すなわち四十三歳のとき、ほぼ識り得た仏祖の真意を明確に教義化したのが選択本願念仏の教義体系だったのである。『選択集』の三選の文(同・九九〇頁)には、次のようにその法義を要約されている。 そこには聖道門を閣(さし)きて、浄土門を選び取り、雑行を抛(なげう)って正行を選び取り、助業を傍(かたわら)にして正定業たる称名一行を選びとるという三重の選びがのべられているから三選の文というのであるが、ここでは一往は選択、取捨の主体は、生死を離れんと欲する行者になっている。それは法然自身が『往生要集』等に導かれて、道綽、善導流の浄土教に逢い、道綽によって聖浄二門の別を教えられ、善導によって正雑、助正の分判を教示されて、ついに専修念仏に到達するまでの、二十数年にわたる求道の歴程が裏打ちされている。そしてまた、浄土を求める求道者に選びの決断を迫って妥協を許さぬ厳しさがある。 しかし、その選びがわがはからいによってなされた「私の選び」に止まるかぎり不安とためらいが残る。法然が『往生要集』や『往生拾因』等によって早くから専修称名の立場を選びとりながらも、不安と疑惑を拭い去ることができず、決定の信が得られなかったのも、念仏を選び取る主体があくまでも自身であったからである。選びの主体が自身であるとき、自己の愚痴は致命傷になる。 しかし念仏がかねて如来によって選び定めおかれているものであるとすれば、選びの真の主体は如来であり. 禮謝和尚。 12.

法然が『観経疏』を積極的に用いた浄土教学にであわれたのは、永観(一〇三二-一一一一)の『往生拾因』や、珍海(一〇九一一-一一五二)の『決定往生集』等であったと考えられる。『拾遺古徳伝』二(法然伝全・五九五頁)や『行状絵図』四(伝全・一二頁)等によれば、聖人は久寿三年(一一五六、保元元年)二十四歳のとき、一時叡山を降りて南都に遊学されている。そして法相宗の蔵俊や、三論宗の寛雅、華厳宗の慶雅をたずねたが、さして得るところはなかったようである。しかしこれが東大寺三論宗系の南都浄土教を学ぶ機縁になったにはちがいない。永観、珍海の浄土教学には、『要集』が依用されていなかった『散善義』の称名正定業説が紹介されており、形のうえでは殆ど専修念仏に近い思想がのべられていた。こうした叡山浄土教とはちがった浄土教学にあうことによって、聖人はより善導教学に接近されていったと考えられる。 そのことは「大経釈」(『漢語灯』一・真聖全四・二九二頁)に、善導の専修念仏の義を補助するものとして智栄、信仲、懐感、覚親、源信とならんで禅林(永観)、越州(珍海)をあげ、 1. ^ 太虛大師《往生安樂土法門略說》:「夫修此法門者,如赴他處取一物然,信者、如目,要須見得明了,確有其物,確是可取之物,確是吾所能取之物,然後得取之也。行者、如足,雖舒目遙見而足不前進則不能取,足雖前進不欲伸手取之,仍不能得,必目. 親鸞; 承安3年4月1日 - 弘長2年11月28日 1173年 5月14日 - 1263年 1月9日 1173年5月21日 - 1263年1月16日.

往生要集詮要 往生要集釈 法然上人著作全集 教義篇11 - 源空

email: imypuc@gmail.com - phone:(642) 199-9870 x 6032

男が泣ける昭和の歌とメロディー - 三田誠広 - 道義を顕正する

-> 地球環境ビジネス 1998ー1999 - エコビジネスネットワ-ク
-> 北の詩 埋もれた記憶 - 昇悦

往生要集詮要 往生要集釈 法然上人著作全集 教義篇11 - 源空 - 予算参考書類 財政法第 条等による


Sitemap 1

九星運勢占い 七赤金星 2006 - 純正運命学会 - 人権と仲間関係 命の値打ちと人権行動 人権と仲間関係研究会